トランスポート鳥取 株式会社

安心の上に、建てる。

幸せのかたちは、十人十色。
でも、どんな幸せでも、丈夫な体という「基盤」があってこそ、はじめて成り立つもの。
家でも同じ。どんな立派な建物でも、強い「地盤」の上に建ててこそ、安心できます。
幸せな家庭づくり、地震・災害に強い家づくりは、強い地盤作りから。
エコジオ*が、確実な安心をご提供します。

商標登録第5246930号

いちばん強いのは、結局「自然」でした。

自然石だからできること、自然石ならではのメリット、たくさんあります。

長期的に、強い。

従来の地盤改良工法*では、様々な人工物が地中に埋め込まれていますが、これら人工物は、年月が経つにつれて劣化する可能性があります。
エコジオは、「砕石」だけを使う地盤改良法。人工物とは違い、もともと自然界に存在している「石」から作られる「砕石」は、長期的にその強さを保ち続けます。
歴史的な建物の地盤改良工事では石が使われていました。外国においても、何百年も前の建物が残っているものは「石づくり」だから。エコジオは、将来の安心まで見据えた工法なのです。

セメント系固化材と現地の土を混ぜ合わせて土そのものを固める方法や、鉄の杭(鋼管杭)を使う方法などが行われています。

エコジオの施工完了時

日本の歴史建造物で砕石地盤改良が行われていた例

砕石は身近なところでは「線路」に見ることができます

人体・環境に害を与えず、
土地の資産価値も下げません。

近年、環境意識の高まりとともに、地盤においても、環境やそれに伴う土地の価値への影響が指摘されています。平成12年には、セメント系固化材を地盤改良にしようする場合、「六価クロム(発ガン性物質)」が安全基準を超えて溶け出す可能性が、国土交通省から指摘されました。平成15年には、「不動産鑑定評価基準」が見直され、土壌汚染や地中埋設物(地中の人工物)が、土地の評価に影響する要因に追加されました。
こうした背景から、自然石の砕石を使った地盤改良が注目されるように。砕石だけを使用するエコジオが、大切な資産をしっかりと守ります。

万が一を"億が一"に。
「液状化」抑制の効果も。
地震時に発生する地盤の液状化。以前から規模の大きい土木工事(堤防など)や建築工事(大きなビルなど)では、地中に柱状に砕石を詰め込み、水を通りやすくする「グラベルドレーン工法」と呼ばれる方法で液状化対策が行われてきました。
エコジオは、グラベルドレーン工法と同様の効果が期待できます。

いつでも高品質。

施工品質の高さに徹底的にこだわったエコジオ。「世界初・業界初」の技術がたくさん詰まっています。

エコジオの施工方法
確実な掘削を可能にしたEGケーシング
軟弱地盤や、地下水の多い砂地盤などを掘削すると、穴の壁面が崩れやすく、設計(深さ、直径、砕石量)どおりに砕石を詰め込むことが困難でした。
この課題を根本的に解決したのが、新開発の「EGケーシング」です。EGケーシングにより、穴の壁面の崩壊を確実に防ぎます。
  • 深度・締め固め圧力・砕石量を管理し、
    高品質な砕石杭を構築。
    エコジオは、運転席に設置された「施工管理装置」により、深度・締め固め圧力(トルク)・砕石量をリアルタイムで計測・表示。一定の厚み(10cm)・一定の圧力で砕石を締め固めることにより、ムラのない高品質な砕石杭を構築します。これらのデーターはすべて保存されます。
    業界初の「自動運転」
    さらに、業界初となる砕石締め固め作業の「自動運転」を実現。オペレーターの勘や熟練度に頼ることなく、高品質な砕石杭の施工が可能です。
  • 施工時の様子
  • エコジオ工法協会
    http://www.ecogeo.gr.jp
  • 事務局 株式会社尾鍋組
    〒515-1502
    三重県松坂市飯高町宮前321-4
    TEL.0598-46-0121
    E-mail:info@ecogeo.gr.jp
  • 技術開発
    エコジオは、三重大学との共同研究の成果に基づく砕石だけを使う地盤改良技術です。
トップ/地盤調査/地盤改良/クレーン/トラック/業務実績/会社概要
Copyright © 2009 trans port tottori. All rights Reserved.